ダウンロードコードで直接iPhoneに音楽ファイルを取り込む方法

ダウンロードコードを利用して、楽曲ファイルをスマートフォンに直接取り込む方法をご紹介します。
ここではiPhoneを使った例ですが、他機種でもほぼ同様かと思います。
(※Android携帯では、ダウンロード先がわかりにくいようです。最初から入っているアプリ「ダウンロード」を開いて確認すると、ネットからダウンロードしたファイルを時系列順に確認できます。)
なおiPhoneのみでは、「ミュージック」アプリには取り込めません。パソコンのiTunesを経由する必要があります。

事前にスマートフォンに、解凍アプリとストレージアプリをインストールしておきます。

さまざまなアプリがありますが、ここでは
解凍アプリ iZip
ストレージアプリ Dropbox
を利用した手順をご説明します。

★なお、ダウンロードする際に、スマートフォンがWIFI(無線LAN)につながった状態にしておいてください。
携帯電話回線の4G, 3Gだと、通信が途切れた場合に復旧できなくなります。

★WIFIでもダウンロード中に通信が途切れるとダウンロードエラーとなり、ダウンロード回数が1回カウントされてしまいます。原則的には、有線LANケーブルでつないだパソコンでのダウンロードをお願いしております。

事前にiZip、Dropboxをインストールしておきます。
Dropboxは、アカウントを作成する必要があります。

アプリのインストールが終わったら、
スマホでダウンロードページにアクセスし、
ダウンロードコードを入力して、
ダウンロードリンクをクリックします。

iZipで開き、音楽を聴くことができます。

iZipのみではファイルの保管場所としては心もとないため、
Dropboxに保存しておきます。

iZipで、目的の音楽ファイル(mp3、wav等)にチェックを入れ、
スマホ画面下にあるメニューの「Open In」で
Dropboxに保存します。

iZipだけでも聴くことは出来ますが、
iZipをアンインストールしたり、携帯を変えたりした際に聴けなくなる可能性があるため、
Dropboxに保存しておくことをおすすめいたします。

なお、Dropbox上の音楽を聴くためのアプリとして、
Evermusic
などがあります。

***********

ちなみに、Dropbox上の楽曲ファイルを直接iPhoneの「ミュージック」に取り込む方法は現在のところないようです。
Appleの「ミュージック」に取り込むためには、パソコンを経由する必要があります。
お持ちのiPhoneと紐づけしたパソコンのiTunesに取り込んでから、iPhoneの「ミュージック」に同期する必要があり、少し手間のかかる作業です。